都内での脱毛サロン経営に必要な費用はどれくらい?

エステティシャンとしての実力が身につくと、自分でサロンを経営したくなるものです。中でも脱毛サロンはニーズが高いため、利益が出やすい特徴があります。ただし、経営を始めるためにはさまざまなコストがかかります。最初のステップとしてはこれをしっかりと計算し、自己資金を確認し、ローンなども検討することです。

都内で脱毛サロンを経営するうえで最初に考えるべきは、店舗の賃貸費用です。いきなり一等地に店を構えるのは現実的ではありませんから、比較的家賃相場の低い住宅地がおすすめです。従業員を雇わないのであれば、広さもそれほど必要ありません。家賃8万~10万程度の物件で間に合わせることができるでしょう。多くの場合は敷金や礼金、仲介手数料がかかりますから注意が必要です。

また、脱毛サロンは清潔感のある内装が求められます。したがって、工事費は坪単価で30万程度は見積もった方が良いでしょう。ただし、ネットショッピングや百円均一をうまく活用し、DIYで節約できるところは節約しましょう。また、工事を行う際は相見積もりを取るなど、できるだけ節約しましょう。物件次第では工事がほとんど必要ないケースもあります。このように、改装費用はやり方によっては大きく節約することができます。

もう1つ脱毛サロンの経営に欠かせないのが、脱毛機器などの設備費です。特に、業務用脱毛機は新品で購入した場合は安くても100万、高いものでは500万を超えるようなものもあります。節約するにはリースや中古品を頼ると良いでしょう。施術用のベッドやチェアなども中古品で対応することも可能です。ちなみに、中古品の場合は新品の半額程度で購入することが可能です。

この他に考えておきたいのが、お客様用のシーツやカバーなどの消耗品費、光熱費、そして広告費や運転資金などです。これらを踏まえると、500万~1000万程度の資金が望ましいと言えます。