生え際の産毛は育毛剤で濃くなることはある?

育毛剤」は、文字通り髪の毛を育てる薬剤のことを言います。どのように働きかけ、髪の毛を育てるかというと、薬剤の中には血流を促進させる成分が含まれています。髪の毛が育つには、毛根内の毛母細胞という、分裂・成長する部分に栄養を与えなければなりません。人間の細胞への栄養分は、血液中に含まれ、全身に送られますので、当然、頭皮の血流が良くなければ、髪の毛は育たないのです。育毛剤を塗るだけではなく、頭皮マッサージを併せて行い、柔らかい頭皮を保つことで、血流が良くなります。
さて、育毛剤の使用で、産毛は育つのでしょうか。答えは育ちます。産毛の毛母細胞でも分裂を繰り返しているため、育っていると言えるのです。しかし、長く太く育つ前に抜けてしまうのがほとんどでしょう。したがって、薄毛が改善できたと思うまでの効果は低いと考えていいと思います。
育毛剤の中でも、発毛させる効果があるものは、産毛も満足できるほど成長させることができる場合があります。具体的な薬の名前は「ミノキシジル」と言う薬です。ミノキシジルは、毛母細胞に働きかける効果が強く、日本の医療でも認められている成分ですので、折り紙付きと言えます。しかし、副作用があるのも事実です。具体的には、髪の毛の毛母細胞のみに作用するのではなく、毛に作用するので、必要のないところまで塗り続けていると、その部分の産毛も濃くなることがあります。また、ミノキシジルは、血圧を下げる効果もありますので、人によっては冷えや動悸などを感じる場合があります。